VeroMetalについて

Brand

VeroMetal(ヴェロメタル)は、ドイツ生まれの特殊メタルコーティングです。リキッドメタルと呼ばれる分野が充実しつつある近年においても、特に高い品質と多様な仕上がりを実現できるブランドとして業界をリーディングしています。アイチ金属は日本総販売代理店として、日本市場でのVeroMetalブランドの展開と販売を行っています。プロ向けに、研修サービスからVeroMetalを会員価格でご提供するに特別会員メニューも展開。オーダーメイド製品の製作やコーティングサービスもお受けしています。

History

VeroMetalは、アメリカで生まれた技術の権利を手に入れたドイツ人によって20年以上前に誕生しました。当時のアメリカ製は溶剤の質に課題があり、これを克服することで現在の品質を実現することに成功しました。現在、製造はすべてドイツのVeroMetal社が手がけ、極微細に粉末化した金属と特殊溶剤を用いることでリキッドメタル化します。ここまで高品質かつ安定しているのはVeroMetalが世界初と言っても過言ではありません。

Feature

私たちアイチ金属は、VeroMetalと出会い、金属加工の”新しい手段”が確実に増えることを実感しています。弊社は従来の板金塗装業同様に、金属板や棒の曲げや表面加工を行ってきました。そこに、液体のように使用できるVeroMetalが加わり、発想も技術アプローチも飛躍的に向上しました。VeroMetalは、金属に対する発想を大きく変えてくれます。

きめの細かな金属粉末

金属を、極めて細かな粉末にしているところがVeroMetal最大の特徴です。アメリカ生まれドイツ育ちのこの技術によって、多種多様な金属をリキッド化することが容易になりました。表現の幅は無限大です。

仕上がりを変える溶剤

ドイツにおいて、リキッド化するための溶剤に対してもさまざまな知見が投入されています。これまでに、さまざまな溶剤が試験されていますが、現在用いているものが最も優れた相性となっており、VeroMetalの品質を劇的に高めました。これらは特許技術でもあります。

素材を選ばない対応力

どのような素材にも塗布することができるため、木材やプラスチックなどの見た目と質感をすべて金属化することができます。重量をコントロールでき扱いやすい金属がその場で誕生するかのようです。金属ではありえない形状に塗布することもできるため、表現力が格段に広がります。

豊かな表現力

VeroMetalは塗布後の加飾処理にも驚きのパフォーマンスを発揮します。サビ付けや、ムラ出しも可能であり、ヘアライン加工をはじめとする物理的な加飾処理にも十分な耐性があります。アイデアと技術力があれば、思いのままの表面処理を実現してくれます。