Q&A

Q.塗料(ペンキ)ですか?
A.95%以上の純粋な金属化合物と樹脂を組み合わせた非溶融の金属コーティング剤です。常温(20度以上)の環境下、24時間で硬化し、さらに金属そのものを粉砕して使用しているため、従来の塗料(ペンキ)とはまったく異なる製品です。
Q.金属メッキとの違いは?
A.常温でどのような素材にもコーティングすることで表面を金属化できる画期的な金属コーティング技術です。使用可能な素材は、ラミネート製品・メラミン・木材・プラスチック・石膏・グラスファイバー(FRG)・FRP・GRC・GRP・陶器類・コンクリート・ウレタン・硝子・金属など、ほとんど全ての素材表面に金属コーティングすることが可能です。
Q.屋外でも使えますか? 耐候性は?
A.基盤となる素材が外気や風雨などに耐える素材であり、表面は金属層であるため、基本的に問題はありません。ASTM国際規格にる耐候性試験(ENISO4892-2)の3000時間のキセノン光照射試験では表面剥離、ヒビ割れは認められませんでした。また通常の塗料同様、色彩の変化(経年変化など)は確認されましたが、研磨することで再び美しい金属光沢を再現することができました。
Q.コーティングしただけで金属のようになりますか?
A.コーティング後、常温(20度以上)の環境下で24時間で硬化します。金属粉は重いため沈みながら金属層を形成し、表面には樹脂層が形成されます。その表面を研磨材で磨くことで金属層を露出させます。更に研磨材の番手を上げながら研磨をくりかえすことで、更に美しい金属光沢を得ることができます。
Q.コーティング層の厚みはどれくらいですか?
A.特に基準はありません。意匠性や強度を考慮して、ご希望の厚さにコーティング可能です。経済的な塗膜の厚さは 0.07㎜~2㎜になります。
Q.収縮性・柔軟性・電気伝導性について教えて下さい。
A.収縮性:蒸発作用による収縮性はありません。
柔軟性:凝固した状態で非常に硬い被膜を形成するため、柔軟性はありません。
電気伝導性:テスター試験により電気伝導は認められませんでした。絶縁体です。
Q.コーティングできない素材はありますか?
A.発泡スチロール・ゴム・水・氷です。
Q.基本構成を教えて下さい。
A.金属粉(パウダー)・樹脂(バインダー)・硬化材で構成されております。
Q.コーティングに特殊な道具は必要ですか?
A.塗る作業には刷毛・ローラー・スポンジなど、研磨作業にはスチールウール・サンドペーパーと、一般的に市販されている物で可能です。塗る作業でスプレーを使用される場合は、ノズル口径を1.3㎜~1.5㎜でご使用下さい。
Q.コーティングする際の下地処理は必要ですか?
A.基本的にはコーティングを施す表面を、サンドペーパーなどで荒らした後に、油分などを除去すれば特別な処理は必要ありませんが、樹脂(バインダー)を素材に浸透させないために、プライマーなど下塗り塗料で下地を作ることを推奨します。